わいわいバーベキュー

BBQの肉は部位によって食べ方が変わる!

BBQの肉は部位によって食べ方が変わる!

BBQの肉は部位によって食べ方が変わる! 夏といえばBBQ、BBQといえば牛肉ということで、ここでは牛肉の部位ごとのおすすめの食べ方を紹介していきます。
まずは最高部位であるサーロイン及びサブロースについて、これらの部位は霜が入りやすい部位なので、油の味わいを楽しむため、脂が落ちすぎないように網ではなく鉄板で火を通しすぎずに焼いて食べるのがおすすめです。
鉄板を用意するのが難しく網で焼く他ないのであれば、可能な限り短時間で焼き上げ、レアの状態で食べるのがおすすめです。
続いて、脂が少なくヘルシーでありながら柔らかい肉質が魅力のヒレですが、火を通しすぎるとすぐに固くなってしまうため、BBQで美味しく役にはサーロインやリブロース以上にコツが必要です。
網を使うよりも鉄板を使って短時間で焼き上げましょう。
柔らかく適度に脂がのっていて、牛肉の風味が豊かなのが特徴の肩ロースは、火を通しすぎると固くなってしまうため、網で焼く場合には薄切りにして短時間で焼き上げるようにしましょう。
柔らかい触感と赤身の強い味わいが特徴のランプは、薄くしすぎると旨味のもとである汁が流れ出てしまいますので厚切りにし、表面を強火で焼いて汁を閉じ込めた後にじっくりとローストしましょう。
部位ごとにちょっとした工夫をすることで、より美味しくBBQを楽しむことができます。

BBQは肉を美味しく食べるのに最適な方法!

BBQは肉を美味しく食べるのに最適な方法! BBQを楽しむにはまず準備をきちんとしておくことです。
暑い夏では下準備からその先の食材のカッティングまでをいかにスムーズにできるかでそのあとの盛り上がりにも大きく影響してきます。
こういう場合はいかに連携して行えるかが大事なのですが、スムーズにするために予めカッティングしておくというのも方法の一つです。
食材の管理は美味しく食べるためには大事であることは言うまでもありませんが特に肉を美味しく食べるために最適な保管と温度管理が大事になります。
肉は冷凍しない状態で維持保存ができる段階で購入するのが望ましいですが、冷凍するのであれば、その前にばらしたり焼くサイズにカットしたりしておく、更に塩コショウなど下地もつけておいてから冷凍しておくのも良いかもしれません。
ただこれに関してはそこも含めてっその場でやるから楽しいという事もありますので一概には言えません。
BBQには余熱効果を考え炭火が最適で完全に熱が通った鉄板で最初に肉を焼く事が美味しく食べる為のコツで、野菜はその後、火が強すぎない状態でじっくりと中まで火を通す必要がありますのでやや弱くなった熱でじっくりと焼きます。
直火で焼く以外では串に刺して焼く場合は、先端に肉を刺すようにすることで野菜などが串から外れることもなくなります。
またホイル焼きにする場合などは必ず二重にしてしっかり密封して焼くことが大事です。
BBQはいかに楽しんでやることが何より一番ですので、美味しく食べる方法については後はこれがすべてであります。

おすすめBBQ関連リンク

10種の漬け込みタレでお家焼肉やBBQを盛り上げてくれます!

bbq用の肉なら